個人情報の漏えいにつながる危険な実態

お給料日付近では病気でも休めないって感じでした。


かなりつらい状況でも、その最終の銀行に振り込む作業というのだけは来てやっていたなって思います。これをみてたら、やっぱり、一人だけというのは厳しいものがありますね。その後、彼女の退職で後を継いだ人も、やっぱり、一人でやっていました。でも、まだ経験というのが浅いので、上司との二人三脚での仕事になっていました。ここは、やっぱり、二人くらいいないと厳しいなっていうことになって、チェックする機能としても登場されたんでしょうね。新しい人の負担もちょっとは和らぐでしょうね。大手の会社なら、もっと近代的な機械が導入されてて、こんなに人のてに頼るものでもないとは思いますが、中堅と呼ばれるところは、経費の関係もあるので、こういう風な人界戦術のところは多いと思います。この仕事に携わる人のストレスがもっとへるシステムがどこの会社にももっと導入されたらいいですね。国からのレンタルのシステムとかがあったらいいでしょうね。


none

ページ一覧

  • TOP
  • 人件費削減!新しい給与管理システム
  • 社会と社員のコストをもう一度見直そう
  • 労働者と給与管理のチェックは大切に
  • 無駄なコストを削減するためのポイント